アイドレス関連。

アクセスカウンタ

zoom RSS のんびりお茶会。

<<   作成日時 : 2008/02/28 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

霧賀火澄 :おはようございます。11:00からの小笠原ゲームをお願いしに参りました。

霧賀火澄 :http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1610&reno=1358&oya=1358&mode=msgview

霧賀火澄 :こちら記事になります。

霧賀火澄 :よろしくお願いします。

芝村 :イベントは?

霧賀火澄 :イベントは、ゆっくりお茶を飲んで話すようなイベントを希望します。

霧賀火澄 :安全な場所というと、どこがよろしいでしょうか。

芝村 :小助の傍は安全だよ?

霧賀火澄 :了解です。

芝村 :2分まってね

霧賀火澄 :よろしくお願いします。

芝村 :/*/

芝村 :ここは小助の家だよ。

霧賀火澄 :その前を歩いています。

霧賀火澄 :お茶とお菓子の入ったバックを持ちながら、庭を覗きます。

霧賀火澄 :滋賀さんの姿は見えますでしょうか。

芝村 :縁側で小助は猫と遊んでる

霧賀火澄 :手を振ってみます

霧賀火澄 :気づいたら猫逃げそう…。手を振って、反応がなければ玄関へ。

芝村 :猫は逃げないね

霧賀火澄 :おお。

芝村 :小助は貴方をちらりと見た

霧賀火澄 :「こんにちはー」

霧賀火澄 :「そっちに行ってもいいですか?」

小助:「こい」

霧賀火澄 :「はい。」

霧賀火澄 :流石に庭から入るのはまずい気がしますが、庭に入り口とかありますか?

芝村 :ええ。

霧賀火澄 :ああ、では、あけて入ります。

霧賀火澄 :「お邪魔しますー」

霧賀火澄 :縁側の小助さんの傍へ。

小助:「生きているようでなによりだ」

霧賀火澄 :「ええ。」

霧賀火澄 :「小助さん…って呼んでいいのでしょうか。小助さんも、御無事でよかった。」

霧賀火澄 :「怪我はないですか?」

小助:「ない」

霧賀火澄 :「よかった。」

霧賀火澄 :「隣、座ってもいいですか。」

芝村 :小助、ためいき

芝村 :貴方の手を引いて、傍に座らせた。

霧賀火澄 :座ります。

霧賀火澄 :バスケットを小助さんに渡します。

霧賀火澄 :「ありがとうございますー」

小助:「なんだ?」

霧賀火澄 :「これ、今日お茶菓子焼いたので。もし宜しければどうぞー」

霧賀火澄 :http://soumusou-kasumi.at.webry.info/200802/article_4.html

霧賀火澄 :「マフィンです。中にレーズンが入っているものと、何も入ってないものの二種類があります。」

小助:「食べてやる」

霧賀火澄 :タンブラーのお茶を、用意していた紙コップに注いで渡します。

霧賀火澄 :「緑茶ですが。お菓子と一緒にどうぞー」

小助:「・・・・」

小助:「ありがとう」

霧賀火澄 :「どういたしまして。」(赤面)

小助:「いい気になるな」

霧賀火澄 :「いえいえ。」(微笑)

小助:「嘘だ」

芝村 :小助は茶をすすった

霧賀火澄 :おなじくお茶をすすります。

小助:「何かするときは俺を呼べ。お前は弱い」

霧賀火澄 :「ありがとうございます。」

芝村 :小助は膨れている。

霧賀火澄 :「そのときは必ず。えと・・・」

霧賀火澄 :「私も、何かあったときは、小助さんの傍にいたいです。」

霧賀火澄 :「何かなくても。」

霧賀火澄 :「…一緒にいたいです。」

霧賀火澄 :(赤面)

小助:「……」

小助:「それでいい」

芝村 :小助は顔が赤い

霧賀火澄 :私も顔が赤いです・・・

小助:「うまい茶だ」

芝村 :ごまかしてる

霧賀火澄 :「ありがとうございます。 はぅ。」

霧賀火澄 :「家の裏の畑で作ってるんです。」>お茶

芝村 :小助:「そうなのか?」

霧賀火澄 :(火澄の家の裏は畑があります。FEGが緑地化してから、お茶が育つようになりました。)

霧賀火澄 :「はい。」

小助:「おどろいた」

霧賀火澄 :「もうすぐ、春が来ます。」

霧賀火澄 :「そうしたらすぐ、お茶つみです。新茶が飲めるんですよ。」

霧賀火澄 :「お茶つみはちょっと大変だけど…。新茶は、甘くて美味しいです。」

小助:「もってこい・・・楽しみにしている」

霧賀火澄 :「はい。きっと。」

霧賀火澄 :「一緒にお茶つみやりますか?」

小助:「・・・そうだな」

霧賀火澄 :「5月ごろになりますが。二人でやれば、夕方には新茶が飲めますよ。」

小助:「わかった。守ってやる。心配するな」

霧賀火澄 :「はい。」

霧賀火澄 :「小助さんの傍なら安心できます…」

芝村 :小助は顔が赤い。さっきからお茶をがぶ飲みしている

霧賀火澄 :お茶を継ぎ足します。

芝村 :小助は黙ってる。

霧賀火澄 :(赤面。)

芝村 :二人で赤面してお茶のみました。

芝村 :食べ終わって飲み終わった。

霧賀火澄 :「ごちそうさまでした」

霧賀火澄 :(片付け。)

霧賀火澄 :「また、お菓子作りますね。 何か、御希望とかあれば、次作ってきますよ」

小助:「特にない」

霧賀火澄 :「はい。」

霧賀火澄 :(微笑。)

霧賀火澄 :「小助さんの誕生日っていつですか?そのときにケーキ焼いてお祝いしましょう。」

小助:「誕生日ってなんだ?」

霧賀火澄 :「生まれた日のことです。」

小助:「春だ。具体的にいつかはわからない」

霧賀火澄 :「そうなのですか。」

霧賀火澄 :「じゃあ、春になって、桜が咲いたら。お祝いしませんか。」

小助:「いいな」

霧賀火澄 :「いいですね。」

芝村 :小助は貴方を押し倒した。

霧賀火澄 :「狽、にっ」

霧賀火澄 :下からじー。 と小助さんの顔を見上げる。

霧賀火澄 :???な感じで。

霧賀火澄 :じー。

小助:「嫌か?」

霧賀火澄 :「いえ。」

霧賀火澄 :「小助さんじゃなかったら、嫌ですけど。」

霧賀火澄 :「小助さんなら、いいです。」

芝村 :小助は顔を近づけてキスした。

霧賀火澄 :受け入れます。

芝村 :小助は顔を上げた。顔が赤い。

霧賀火澄 :今度は、こっちからキスします

芝村 :小助は真っ赤だ。

小助:「・・・・」

霧賀火澄 :(更に赤面。)

霧賀火澄 :ぎゅー。と抱きついてみる。

芝村 :抱きしめられました。

霧賀火澄 :ぎゅー

小助:「お前は俺のものだ。離さないからな」

霧賀火澄 :「離さないで下さい。絶対。」

芝村 :小助は、うなずきました。

芝村 :/*/

芝村 :はい。お疲れ様でした。

霧賀火澄 :お疲れ様でした

霧賀火澄 :はうあー

霧賀火澄 :小助さん、御無事でなによりです。

霧賀火澄 :FEGに桜が咲くのは、何月頃でしょうか。

芝村 :3月終わり

霧賀火澄 :はい。ありがとうございます。

霧賀火澄 :3月末と、5月中旬に、小笠原ゲームをお願いしても宜しいでしょうか。

霧賀火澄 :また、岩手さんも無事にFEGに戻っていますか。

霧賀火澄 :お忙しい中、申し訳ありません。

芝村 :岩手は戻ってるねえ。

芝村 :マイルあれば大丈夫だよ?

霧賀火澄 :わかりました。

霧賀火澄 :がんばります

霧賀火澄 :3月末のゲームの前にお手紙を2通送りたいのですが、その申込みは、芝村さんに直接お願いすれば宜しいですか?

芝村 :ええ

霧賀火澄 :わかりました。

霧賀火澄 :ありがとうございました。

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でしたー。

霧賀火澄 :お疲れ様でした。ありがとうございました。

芝村 :秘宝館には1・1で 評価は+1+1でした

霧賀火澄 :了解です。

霧賀火澄 :では、ありがとうございました。

霧賀火澄 :(お辞儀)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
のんびりお茶会。 アイドレス関連。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる